施術について

交通事故治療

交通事故

交通事故に遭われた際は、事故直後から自賠責保険で本人・同乗者の年齢に関係なく治療が受けられます。
交通事故のケガの特徴は、最初は何ともなかった肩、首などが後日になってから痛み出すケースが多い点にあります。後遺症を残さないように早期の治療を受ける事が大切です。
当院では交通事故治療は勿論、事故に関する不明な点などのサポートをしておりますので、まずは一度ご相談ください。

交通事故の対応方法

  1. 相手、自分にケガがないか確かめて、必要に応じて救急車を手配して下さい。
  2. 警察・保険会社に連絡をして、事故処理をして下さい。
  3. 相手、自分の体に痛みがあれば、その旨を警察に伝え人身事故扱いにして下さい。
  4. 保険会社に下記のことを伝える
    事故の日時・場所
    相手の住所・氏名・電話番号・社名・ナンバーなど
    事故の状況

ケガや事故後の痛みがある場合

  1. 痛みがある場合、もしくは後から痛みが出てきた時は保険会社に治療を受けたい旨の連絡を入れて下さい。
    その際に保険会社から保険治療に必要な書類の説明を受けて下さい。
  2. 整形外科または、接骨院へ通院
    ※証明書(診断書)を発行して貰ってください。
  3. 通院・治療期間には制限がありますが、後遺症を残さない為にも出来る限りしっかりとした治療を受けて下さい。

首・肩・腰の痛み

首の痛み

デスクワークや長時間同じ姿勢いる事によって、首・肩・腰の筋肉がこり固まって、血流を悪くして痛みを感じます。また、個人差はありますが首や肩の痛みが原因で頭痛などの症状を引き起こす場合もあります。

改善方法としては、血流を良くするためにこり固まった筋肉をほぐすための施術を行いますが、日常生活で休憩時間に身体を動かしたりストレッチをして予防する事も大切です。

スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害とは長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こる障害。スポーツにおける体の使い過ぎ(オーバーユーズ)が原因となる事が多く、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害です。

代表的な症状として疲労骨折があげられます。外的な大きい負荷によっておきる骨折とは違い、小さな負荷が継続的に加わる事で組織の結合を破壊し、最終的に骨折となる障害です。

頭痛・肩こりにお困りの方

頭痛

頭痛の原因は様々ありますが、大部分の人が日常で悩まされている痛みは、ストレスや生活習慣病などによって起こる「慢性頭痛」が大半です。頭、首、肩の筋肉の緊張によって、脳への血流が悪くなりその結果、頭痛の症状がおきます。

こういった症状を緩和するには、首・肩・腰と同様に筋肉の緊張をほぐし血流を良くする事が重要です。

ページの先頭へ